エグゼ6 マスターズ イキリ効率の高いチップ一覧

エグゼオフお疲れ様でした.

今回は6マスターズにアイスシードフォルダを持っていきました.
ルールは制限時間30分における勝ち数−負け数を競うサバイバル方式で、最初の15分ほどで4勝1敗とかなり調子がよかったのですが、某氏の甘言に唆され,配信台を使って対戦した結果,セーブデータが消えるハプニングが起こりジャッジキルされるという歴史に残るような敗退の仕方をしました(ちなみに予選突破のボーダーは勝ち数−負け数が3以上でした あるぇー?)

今回は6初心者大会シニア決勝と5ガチャ限決勝2試合目が熱いので、見逃した人はのちに上がる動画に期待してください。

オフの話はその辺にしといて、本題です
皆様は「イキリオタク」なるものの存在をご存知でしょうか?
詳細な定義は各自検索してほしいのですが

「俺オタクだけどクラスの女子(イケイケ系、顔は中の上)に告白されて形だけでもって事で付き合ったんだよね。で、彼女に俺のどこが好き?って聞いたら即答で「顔!」って答えてああ人生やっぱ顔なんだなあって一瞬で鬱になった俺の気持ちを答えよ(ちなみに2ヶ月くらいでめんどくさくなって俺から振った)」

まあこんな感じのやつですね、
なんというか…「俺オタク」と社会的にマイノリティなのを主張し自虐するのかと思わせて、自己主張が激しくマウントをとろうとしてくる何ともアレな感じのやつですね.

今回の記事ではそういったマイナーかつ使用者の強いこだわり、自己主張感が伝わってくるチップ…すなわちイキリ効率の高いチップをまとめました.
なんとなく伝わっているとは思いますが、使って楽しい使われて楽しいのいわゆるネタチップとは区別しています.「してやったり感」があるのがイキリチップの条件です

なお、当然のことながら使用者を誹謗中傷する目的はございません(僕もちょいちょい使ってるし)

イキリ度☆☆☆

サモンブラック2 H

a (3)
サモンブラック3は文句なしに優秀である。260とSPメガと比べても遜色のない威力であり、コードもWでダブルビースト、バリア200、マグナムと強チップとコードが合う

しかし、サモン2はどうか?威力200とぎりぎりの及第点であり、コードもHとこちらも使えなくはないといった程度である。

それでもコイツがしばしば採用されるのは「ランク2のチップだってガチ対戦で使えるんだぜ~?」という自己主張が多少あることは否定できないだろう

使用者は進化の輝石が好きですよ きっと

ゴーレムパンチ3 H

10バスター_07
非暗転でスラッシュ解除が狙えるチップとしてはほぼ唯一無二である。

しかしながら、スラッシュ対策としてはグランド*の使い勝手がよく、そもそも非暗転である必要があまりない。
また、スラッシュ以外には使いづらく、そのスラッシュも警戒されると当たらないという欠点も持つ

極端なメタチップはイキリの前兆である。

コードがHと中堅なのもイキリ度に拍車をかける
ちなみにコードMもあり、こちらはパニシュと併用できるが、いずれにしてもマイナーコードなのでイキリ感はどのみち出る。

ネオバリアブル N

a (1)
変幻自在のテクニカルソード 上級編」
チップの説明文からしてイキっている。それも二重に。

コードの都合上、ほぼピン指しになり、さらに高難度なコマンド入力が前提となるという明確なデメリットを伴いながら
使いこなせることがさも当たり前かのように採用される

まさにイキるために生まれたといっても過言ではないチップである。

しかし、実際に単純な性能自体は(理論上は)文句なしに最強クラスなので☆☆☆としておいた。

ウッドドラゴンG ヒートドラゴンG

10バスター_0610バスター_04
アンイン付加用
移動で回避できないトリプルシュート
風かつ多段のノイズストーム
ダスト解除を兼ねるマシンガン1と比べて

トマホ解除(ヒート)、エレキ解除(ウッド)、6マスパネル塗り替え(ウッド)とどうしても利点が地味なのが光る
あとは攻撃の発生方法の都合上マシンガン警戒してる相手に刺さるとか…地味ぃ

いずれも単体でイキリ性能は高いが、両方採用して究極攻略に乗ってそうな草焼きコンボ(ヒートを倍にしてもサモン3一枚とほぼ同じ威力)を狙い始めると相乗効果が出るのに留意しておこう

イキリチップ界のプレミアム殿堂コンビである

イキリ度☆☆☆☆

パネルスチール *

10バスター_09
シンプルゆえに評価が高い

極端にエリアを奪う必要があるダークソード、スラッシュ、CSラケット以外では普通はわざわざ採用されず、その枠にエリアスチールを積むか、パニシュリベンジを入れるだろう

一応初期穴に対応しやすく、侵入性能自体はパネスチ>エリスチだが
細かい仕様の違いにこだわるのはイキリの末期症状である。

オウエンカ *

10バスター_01
基本的に置物はイキリ効率が高い

6の置物は耐久面が脆い、エリアをとりにくく設置が困難、対策手段が豊富とかなり弱体化されているからだ

その中でもオウエンカは「設置している間一定時間無敵」
と出した瞬間に仕事をしないうえ、明確にアドバンテージを生じさせない点があり
使用者の「それでも俺は使いこなせますよ感」を仄めかすためポイントが高い

サモンブラック3 Z

a (2)
先ほど述べたようにサモンブラック3は文句なしに優秀である
コードZ自体はサンクと組み合わせることが出来、確かに強い
しかし、大体はダブルビースト等があるコードWで採用される。

「コードWでサモン3採用か、『そこで止まっている』のか…俺はコードZで『その先のレベル』に行くけどな」

サイレントなマウント取りができるイキリチップ

エレキドラゴン L

10バスター_05
ウッドドラゴンG ヒートドラゴンGの組み合わせを見たときにカンの良い人はこいつが来るのを察しただろう。

ドラゴンシリーズ最強のイキリチップである。
必然的にアンインストールのコードが圧倒的多数派のGではなくLになるという点がポイント高い

性能自体はアンインを伴いながら6マスヒビにできることもあって地味に強い 通ぶりたい方はぜひ使おう

イキリ度☆☆☆☆☆

テングマン*

10バスター_03
そもそも6のマスターズ環境で採用されるメガの枠はほぼ固定である.
使いやすく高火力のダブルビースト
高火力かつスラッシュ対策にもなるグランドSP
高火力かつコードが優秀なブラストSP、ブルースSP
圧倒的汎用性のキラー、ジャッジ、エレメント
次点でスラッシュ対策かつ無印の中では威力が頭一つ高いグランド*といったところか

そのような状況でわざわざ採用されるテング*である
確かにテング*は風属性なのでバリア(オーラ)に有効であり,同目的で採用されるフウジンラケット*とは異なり2回攻撃のためカワリミも同時に剥がせるという利点はある

また環境上位のスラッシュがキラービーストを使用することがあり、その解除もできる

しかしながら、
・スラッシュ対策を意識するなら、保険で使われる程度のキラービーストより、戦法の軸となるスラッシュ解除を重視してグランド*を採用すべき
・ノイズストームでメガ枠を使わずに代替が利く

とこだわりが実用部分を上回っているのは否めない

キラーマンEX  K

10バスター_01
無印キラーおよびキラーSPは分かる

無印キラーは*ゆえの圧倒的利便性があり,キラーSPはコードの都合上ダブルビーストとの選択になるがインビジカワリミ貫通かつオーラを突破できるというダメージソースとして明らかな強みがある

だがキラーEXはどうか? 威力が140(無印キラーは120)とかなり物足りないものがあり、一方でコードはK固定と利便性がなく,なんとも中途半端な立ち位置である.
それでも「環境トップのダスト対策にキラーマン全積み必須」というならばその「環境を把握しつくした上でメタってますよ」がイキリ感を出すのは免れないだろう
極端なメタチップはイキリの前兆。

マシンガン2 G

10バスター_02
満場一致のイキリ効率最強チップ

「アンインストールGを付加するためだけにマシンガン1*を採用するならば、コードは*ではなくなるが,威力が20高いこちらを採用すべき(メガネクイッ」

何も言葉はいらない、このチップがフォルダに入っているだけで上記の細かすぎるこだわり思考が全て伝わってくる.
シンプルにして最強のイキリチップ

 

 

 

さて、以上でイキリ効率の高いチップ12傑の紹介を終わりますが、いかがでしたか?
適度にフォルダにオリジナリティが欲しい場合に参考にするとよいでしょう。
また、これら12種が採用されてる構築は適当にその部分を買えても通用することを知っておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。