エグゼ6 マスターズ パネスチ逃げ

マスターズのファルザーでは多分これを一番使ってる
かなり趣味の要素が強いけど勝率が非常に高め

G
ノイズ×2
グランドSP
アンイン

J
ジャッジSP
サイトバッチ

S
アクアドラゴン×2
パニシュ
スラッシュSP

U
オーラ

W
Wビースト
バリア200

Y
サモン3×2
バリア100×2 TAG1 TAG2

Z
サンク


ホリパ REG
クイゲ×2
フルカス
インビジ×3
カワリミ×3
キラー
ジャッジ

 

プラネット 40
ジェライム 12
トトポール 13
サテラ   8
ナイトメア 5
80MB

バグスト
アーマー
カスタム1×2
ビート
シャツ
マジック
チャージMAX
HP550

ファルザー_03

ファルザー_01

ファルザー_02

ステガで攻撃ギガなしのパネスチ逃げ
某氏のパクr・・・参考にしました
最初はネタだと思ったけどこれが強い

通常、パネスチ逃げはパニシュで防御を剥がされるのが苦しいのでバリア100が欲しいが、そうなるとマグナムを入れるスペースがなくなりカワリミの対処に困る

しかし、この構築ならばBクラックでカワリミを対処できるのでその欠点を解消できる

Bクラックでカワリミを剥がせるので、そこを嫌って

・カワリミで暗転待ちをしてくる場合は
非暗転のアクアドラゴンとノイズが刺さる

・カワリミとバリアやインビジを併用する場合は
インビジ→キラー、ジャッジ2枚、パニシュ
バリア→ノイズ、ダブビ、グランドSP、スラッシュSPといった多段系

で対応できる

アクアドラゴンはフロート抜き、サンク対策、ファイアボディ狙い
アクアのチャージで撃つことも終盤は視野に入れる
一部の相手にはうまく使えばほぼ詰みに持っていける
(ジャッジが2枚入ってるのはアクアクロスを剥がせるため)

このフォルダはB(パニシュ)H(バリア100、アクアドラゴン)W(サモン3)で組めるんですがSとYにしてるところが半分趣味

バリア100とサモン3を一緒に使えることで、テングからのアンインに強いのは利点
バリア100→すかさずサモン3なんかは特に
割り込んでこなきゃアンイン持ってると予想できるし、割り込んで来たらサモンでさらに割り込める

立ち回りについて

・基本的にクイゲはヘビゲ使われるまで温存
例外は終盤か、瀕死あるいはアンインを受けたがバッチを引けてないときか、相手に一枚しかヘビゲがないと分かった時

・バッチはアンインに当たるか、アンインを外したと判断するまで温存

・フルカスタムは原則中盤
自分がクイゲを使った次のターンに選べるとよし(相手がヘビゲを使った直後にカスタムインして上書きできる)

・バッチはあるがアンインを防ぐことを最優先に(マジックが強い)

・CSパネスチはパニシュが怖いのであまり使わない
使うのはカスタムにバリアがあるとき、相手がエリアを詰める戦法の時、相手のパニシュが尽きたときなど
勿論エリアを3×3に戻す分には使っても問題ない

カワリミやインビジを張っているとパニシュが高確率で飛んでくるので、それをバリアで防げると強い
パニシュとセットで飛んでくるブルース、ブラストは単発攻撃な上、ブルースはクラックの穴で止められます
特にカワリミ+バリアならノマゲで1ターンCSなどから逃げきることは容易なので、無駄にできます

基本的にはマジックとクラックで立ち回ります。
こちらがアンイン当てた後はかなりうざったいです

 

6/15追記

パニシュS→ノイズGに変更
TAGを両方ノイズに(2~20枚目に必ず出現するらしいので)

ノイズが想像以上に便利なのでそれに合わせた調整
まあ好みと環境次第ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。