「エグゼ6 立ち回り」カテゴリーアーカイブ

エグゼ6 チップの選び方

何から何まで手の内をばらすと面白くないけど・・・最近あんま負けないので公開
戦法にも同じこと言えるけど丸パクリだと単なる俺の劣化になるので出来れば各自工夫しましょう
あくまで俺の結論であってもっといい考えがあるかもしれないしね

多分このゲームで一番重要なチップの選び方です。

チップを選ぶうえで考え方が4つしかないという話
①待ち狙い
②先攻狙い
③囮→本命の先攻狙い
④強いられ系チップ

①待ち狙いについて
このゲームはカットインの存在で後出しが有利なバランス
なので待ちが強い・・・というより、相手より多く待てる機会を作れる人がこのゲームで強い人だと言える

そのためにはどうするべきかというと「互いにチップを使わなければ勝てる状況」を作ればよい
スラッシュがエリアを奪うとかがそんな感じですね、ヘビゲCSで1ターンで1000も削るので、そのままではダメージ負けする相手は対応せざるを得なくなる
この場合はエリアを返すか、スラッシュを剥がすか、オーラで防ぐしかないので
スラッシュ側はカワリミ、スチール、ラケットを握ればパニシュスチールグランドオーラ全部に対応できる

②先攻狙いについて
基本的には先出し不利だけど状況次第で有利のケースがある
代表的なのは「相手の①待ち狙いに非暗転で奇襲する場合」、「相手の非暗転での②先攻狙いを狙う場合」、「相手が不発する暗転を持ってると読む場合」ですね、他にも探せばいくらでもあるかな
一番よくあるのは自分がオーラ纏ってる時に相手のオーラ剥がしのラケットを麻痺で潰したり、高火力暗転叩き込んだりするやつ

ただし非暗転以外は③囮→本命の先攻狙いで兼ねることが出来るのでカスタム画面でこの選択をすることは少ない。③囮→本命の先攻狙いでカスタム画面で選択して、とりあえず囮撃って様子見次第で本命も先攻とかの方が多い

③囮→本命の先攻狙いについて
①待ち狙いの対抗策
エリスチ→防御、低~中火力メガ→防御、低~中火力メガ→防御→パニシュ系なんかがそうですね。2:1交換になるけど相手が防御で待ってても攻撃で待っててもどっちでも対応できるので、かなり安全に行ける

後は自分が一方的に防御を纏ってる場合
相手は攻撃チップによる②先攻狙いを出来ないので、基本は防御による①待ち狙いをしてくるでしょう
その局面では③囮→本命の先攻狙い(特にエリスチ→攻撃)は非常に有効です。なぜなら囮(エリスチ)を1:0で撃たれるか
エリスチに割り込んだ防御をさらに本命の攻撃で割りこまれるかで、どちらにせよ損するからです。

また囮のコードを意識すると相手を攪乱できるので、うまく情報を漏らしましょう
(例1:普通はコードを読まれるのを嫌ってダブルビースト→バリア200の順番で選ぶべきだが、
逆にバリア200→カワリミと選んで、持ってないダブルビーストを警戒させることもできる)
(例2:*を前においてバリア100を最後に置いて、ギリギリまでコードを見せないことで、グランドSPやグレイガなど高火力を警戒させる)

④強いられ系チップ
ゲージ、サイトバッチ、バグシュウセイのことですね
リカバリーやバスターアップも入るかも
相手は無視の効果で、条件を満たしたら早く使用することに意味があるチップ

早く使った方が得だからとなんも考えずに1枚目に持ってくのは雑です。やってる人多いけども
あいてが②先攻狙いだと、どっちが先に仕掛けても1:0で損します
③囮→本命の先攻狙いで防御した後に置くか防御を纏ってる状態で使いましょう。
サイトバッチやリカバリーはそれだけでなく,選んだコードがばれるので後ろに置いて使った方が得です

 

これらの考えに則ると防御を纏ってないときのパニシュ→スチール、スチール→スチールが悪手だということが分かると思います。やる人多いけど
よほどの局面でない限り、パニシュもスチールも本命になるほど強くないからですね
相手が攻撃を持っていると先撃ちでも割り込みでも1:0で損します。2枚の間に防御を挟むか防御を纏った状態でやりましょう

以上の考えをまとめるとある程度のレベルまでは①と③が大事で
そこから先のレベルは③で囮を先撃ちした後にどのくらいの精度で②の正解を選べるかという感じ

エグゼ6 コードによる連想

ロックマンエグゼではカスタム画面において
⑴同じチップなら選べる
⑵同じコードor*なら選べる
という大原則があり、コードをばらけさせて同じチップを複数積むメリットは基本的にはないので
⑵が重要になる

対戦をやっている人には基本中の基本ですが
コード毎に存在するチップが限られているので、*以外のチップを使えばそのターンに飛んでくるチップを予想されてしまいます

今回はそのへんのしょぼい考察 続きを読む

エグゼ6 マシンガンについて

マシンガンについて

カワリミ貫通と距離に依存しない(例外あり)とダスト対策から採用されるマシンガンについて書きます。

マシンガンの特性
①相手のいる列の最下段から追尾しつつ上→下→上と9連射
②相手が自分より前にいないと最後列を攻撃する
③相手がいないときはより後ろに行くように攻撃する(カワリミマジックで回避した際に重要)

アンインマシンガンはマヒから繋ごうとキラーやジャッジを外したりテングクロスや直前の風チップなどでタイミングが読めることが多いのでその場合の回避方法について考察してみます

続きを読む